/*StyleDefinitions*/table.MsoNormalTable{mso-style-name:標準の表;mso-tstyle-rowband-size:0;mso-tstyle-colband-size:0;mso-style-noshow:yes;mso-style-priority:99;mso-style-qformat:yes;mso-style-parent:"";mso-padding-alt:0mm5.4pt0mm5.4pt;mso-para-margin:0mm;mso-para-margin-bottom:.0001pt;mso-pagination:widow-orphan;font-size:10.5pt;mso-bidi-font-size:11.0pt;font-family:"Century","serif";mso-ascii-font-family:Century;mso-ascii-theme-font:minor-latin;mso-fareast-font-family:"MS明朝";mso-fareast-theme-font:minor-fareast;mso-hansi-font-family:Century;mso-hansi-theme-font:minor-latin;mso-bidi-font-family:"TimesNewRoman";mso-bidi-theme-font:minor-bidi;mso-font-kerning:1.0pt;}犬の予防注射には狂犬病だけでなく、いわゆる混合ワクチンがあります。2種~9種の伝染病を同時に予防するワクチンが現在利用可能となっていますが、何種のワクチンを選択すべきかは、環境や地域性、獣医師の考え方によって異なる場合があります。これを子犬には生後18週頃までの間に3回接種し、以後毎年1回の追加接種をするのが一般的です。子犬に3度の接種が必要な理由は、移行抗体(親譲りの免疫)の存在下ではワクチンによる免疫が成立しないことによります。それぞれの伝染病に対する移行抗体は生後6週から18週までの間にバラバラに失われて行きます。すべての移行抗体が消失するのを待って接種を行えばよいようなものですが、その間早々に移行抗体の無くなった伝染病に感染してしまっては意味がありません。4週間程度の間隔で3度の接種が最も合理的なのです。そこで「いつになれば安心なのですか」「それまで外に出してはいけないんでしょ」という質問をよく受けます。3度目の接種の後さらに2週間程で免疫は完成します。しかしこの時期は犬にとって大切な社会化の時期でもあります。より多くの人や自分以外の動物に接し、自分を取り巻く社会を学ぶこの時期は、人格ならぬ犬格形成に大きな影響を与え、生涯にわたり犬の行動を左右します。確かに伝染病の感染は避けねばなりませんが、外に一歩も出ない箱入り娘の臆病で攻撃的な性格は、誰からも愛されるものではありません。安全な社会化の手段としてパピークラスは理想的です。それが無理でも、抱っこ散歩やご近所の井戸端会議へ連れて行くなど工夫次第です。感染のリスクを多少冒してでも社会化させることはとても重要なのです。こんな説明をさせていただくと、たいてい良く分かりましたと飼主さんから返事が返ってきます。そして「それでいつから外に出してもよいのですか?」と尋ねられます。誰しも自己責任の無いマニュアルが欲しいのですね。" />

南大阪動物医療センターコラム

2010年10月 4日 月曜日

ワクチネーションと社会化

 犬の予防注射には狂犬病だけでなく、いわゆる混合ワクチンがあります。2種~9種の伝染病を同時に予防するワクチンが現在利用可能となっていますが、何種のワクチンを選択すべきかは、環境や地域性、獣医師の考え方によって異なる場合があります。これを子犬には生後18週頃までの間に3回接種し、以後毎年1回の追加接種をするのが一般的です。

 子犬に3度の接種が必要な理由は、移行抗体(親譲りの免疫)の存在下ではワクチンによる免疫が成立しないことによります。それぞれの伝染病に対する移行抗体は生後6週から18週までの間にバラバラに失われて行きます。すべての移行抗体が消失するのを待って接種を行えばよいようなものですが、その間早々に移行抗体の無くなった伝染病に感染してしまっては意味がありません。4週間程度の間隔で3度の接種が最も合理的なのです。

 そこで「いつになれば安心なのですか」「それまで外に出してはいけないんでしょ」という質問をよく受けます。3度目の接種の後さらに2週間程で免疫は完成します。しかしこの時期は犬にとって大切な社会化の時期でもあります。より多くの人や自分以外の動物に接し、自分を取り巻く社会を学ぶこの時期は、人格ならぬ犬格形成に大きな影響を与え、生涯にわたり犬の行動を左右します。確かに伝染病の感染は避けねばなりませんが、外に一歩も出ない箱入り娘の臆病で攻撃的な性格は、誰からも愛されるものではありません。安全な社会化の手段としてパピークラスは理想的です。それが無理でも、抱っこ散歩やご近所の井戸端会議へ連れて行くなど工夫次第です。感染のリスクを多少冒してでも社会化させることはとても重要なのです。こんな説明をさせていただくと、たいてい良く分かりましたと飼主さんから返事が返ってきます。そして「それでいつから外に出してもよいのですか?」と尋ねられます。誰しも自己責任の無いマニュアルが欲しいのですね。



投稿者 有限会社南大阪動物医療センター

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31