南大阪動物医療センターコラム

2014年11月 9日 日曜日

お薬を与える時

以前のブログで、お預かり中にお薬の投薬が必要な子に関しても
安心してお預け下さいnoteとお伝えしましたが、
今回はその投薬の様子をご紹介しますhappy01sun
当院では、お預かり中の動物にお薬を飲ませるのは
主に看護師がすることが多いのですが、すんなりとお薬を飲んでくれる子もいれば、
嫌がってなかなか飲んでくれない子やそもそも体を触られるのが嫌いで怒る子もいます。
すんなり飲んでくれる子ばかりではありませんが、そこは私たちの腕のみせどころだと思い、いろいろ工夫して、きちんと飲んでくれるように頑張りますrock!!
お薬の種類には錠剤・液体・粉状のものといろいろあって、
飲ませ方もいろいろあり、その子に合わせてできるだけストレスにならないよう
工夫してお薬を飲ませますtulip
お薬を包む用のおいしいおやつを使うこともありますcake
*看護師さんが猫のどんべいちゃんにお薬を飲ませているところです


上手く飲んでくれない子にお薬を飲ませるのは難しいですし、
お困りの飼主様も多いかと思います。
何かお困りであれば、お気軽にご相談下さいねnotes

投稿者 有限会社南大阪動物医療センター

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31