HOME > 手術内容 > 膝蓋骨脱臼・骨折

膝蓋骨脱臼・骨折

脱臼・骨折

「足を浮かせて歩く」「スキップするように歩く」
もしかしたらそれは、動物たちからのSOSかもしれません

どうして脱臼するのか?

どうして脱臼・骨折するのか?
「膝蓋骨」とは膝の骨のことで、一般的に「膝のお皿」と呼ばれている部分のことです。この「膝蓋骨」が大腿骨(ふとももの骨)にある溝を上下に動くことで、膝を曲げたり伸ばしたりスムーズに動かすことができます。
そして「膝蓋骨脱臼」とはこの膝のお皿が正常な位置から内外に外れた状態のことをいい、内側に外れたものを「膝蓋骨内方脱臼」、外側に外れたものを「膝蓋骨外方脱臼」、また外れた骨が入ったり、再び外れたりすることを「習慣性膝蓋骨脱臼」といいます。
このうち「習慣性膝蓋骨脱臼」はトイ・プードルなどのトイ犬種に多くみられ、その発症原因ははっきりとわかってはいませんが、大部分は遺伝的な素因によるものだと考えられています。

この「膝蓋骨脱臼」になると、「足を浮かせて歩く」「時々スキップするように歩く」「足を引きずるように歩く」などの不自然な動きをみせるようになります。そういった異常に気づかれた時にはすぐに当施設までご相談ください。

膝蓋骨脱臼の治療

脱臼

「膝蓋骨脱臼」の治療ですが、「膝蓋骨脱臼」の症状は次の4段階に分類されます。

第1度

手で膝蓋骨を圧すれば外れる

第2度

膝を曲げるだけで外れる

第3度

常時脱臼していて、手で戻せば戻るが放せば再び脱臼する

第4度

手で脱臼を戻せない

このうち「第2度」以上の症状を起こしている動物については、当施設では外科手術をお勧めしています

また「第3度」までは、当施設が推奨する術式「MRIT法(関節外安定化術)」により治療することが可能です。
この「MRIT法」はナイロンの人工靭帯を入れることで、脱臼を整復・矯正する方法で、骨を切ることなく脱臼を治すことが可能です。
ただし、「第4度」の症状については骨切り術による治療が必要となります。

術後のケア

手術直後は患部を冷却(クーリング)し、術後2週間程度は安静状態を保つようにしてください
またそれ以降も、ジャンプなどの激しい動作は避けるようにしてください。

膝蓋骨脱臼の予防

犬は猫と比べると肉球にあまり汗をかかないため、ご自宅の床がフローリングだと摩擦が少ないため滑ってしまい、足に負担を掛けてしまう場合があります。
犬が歩きにくそうにしていたなら、床にマットや絨毯などを敷いてあげるようにしてください。
また体重が増加すると足腰の負担となりますので、肥満にさせないように気をつけてあげてください。

どうして骨折するのか?

どうして骨折するのか?
骨折の原因で多いのは、交通事故、ほかの犬とのケンカ、そして高所からの落下などです。骨の柔らかい若い犬ほど骨折しやすい傾向にあり、またトイ・プードルなどは、ソファやイス、そしてしゃがんだ人の膝から飛び降りただけでも骨折することがあります。

骨折の治療

骨折の治療方法は、その動物の症状によりケースバイケースですが、最も実施することの多い治療方法は「プレーティング」です。「プレーティング」とは整復した骨にステンレス製のプレートをあて、ネジで固定する治療方法です。

術後のケア

術後のケアとして、CTS(レーザー治療)や光治療により痛みの緩和、治癒促進などを行います。また動物の年齢にもよりますが、骨折した箇所がくっつくまでには通常で2ヶ月程度かかります。ですので、散歩など外出させる時には、一度主治医に確認するようにしてください。

骨折の予防

トイ・プードルなどの小型犬は、ご家族の皆様が想像しているよりも低い所から跳び降りただけで骨折してしまうことがあります。ですので、普段から犬の行動を注意深く見守るようにしてあげてください。
また抱っこした時に、犬が突然跳び降りてしまうこともありますので、抱っこをする際は気をつけてあげるようにしてください。